オーガニックハウスとは

近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの建築理念を正当に受け継ぐオーガニックハウス

フランク・ロイド・ライト フランク・ロイド・ライト(1867年~1959年)

フランク・ロイド・ライトについてフランク・ロイド・ライトは世界屈指の住宅建築の巨匠として知られています。彼は生涯に1,000件を超える作品を遺し、その内の400以上の作品が実現されました。これは一人の建築家の業績とは信じがたい数です。ライトの住宅の素晴らしさは築後100年を超えても所有者が大切に手入れしながら住み続けている事からも分かります。

世代を超えて住み継がれる家

もし、フランク・ロイド・ライトが現代日本で住宅を設計するなら・・・

近年において日本の家づくりは、「住まい」を考える前に販売における合理性ばかりを追求した結果、いわば「住宅」という箱を積み上げただけの入れ物になっています。
また、新築した住宅も数年後には流行遅れとなり、資産価値すら無くなってしまうという、住まい手にとって悲しむべき状況が生まれています。

「住まい」の本来あるべき姿を取り戻すべく、私たちは決して色褪せること無く世代を超えて愛され続けるフランク・ロイド・ライトの建築理念を継承しながら現代のテクノロジーと融合させ、さらなる住まいづくりの極みを目指します。

LINEUP ラインナップ

有機的建築の理念に従ってデザインされたオーガニックハウスのラインナップ。

インディーワン外観写真

インディーワン

大きな敷地でなくても『庭と住まいとの心地よい関係』を実現。
More
外観1 外観 エントランス リビング ダイニング キッチン キッチンダイニング キッズルーム
アザレア外観写真

アザレア

美しく、豊かに暮らす。
More
外観 外観(夜景) ダイニング リビング キッチン リビングソファー 吹抜け 和室
ラッタンバリー外観写真

ラッタンバリー

時を超えて、受け継がれ、発展する。箱の破壊から、空間の流動性へ。
More
外観 ダイニング リビング リビング キッチン ファミリールーム 書斎 和室
キーストン外観写真

キーストン

自然に抱かれて暮らすようなぬくもりと開放感にあふれた住み心地を。
More
外観 外観(夜景) リビング リビング吹抜け ダイニング キッチン パントリー 書斎
ムーンストリーム外観写真

ムーンストリーム

鉄筋コンクリートが演出する"つながり"の間。
More
外観 外観 リビング リビングソファー ダイニング 寝室 和室 書斎
オークパーク外観写真

オークパーク

豊潤なる時、熟成される価値、家族の原点となりうる住まい。
More
外観 外観 エントランス(夜景) リビング ウッドデッキ 寝室 和室 ファミリールーム
ミルラン外観写真

ミルラン

「美意識」とともに育む本当の「心地良さ」。
More
外観 玄関 リビング 廊下 ダイニング キッチン 和室 書斎

TECHNOLOGY テクノロジー

普遍的デザインを支えるためには、時代に対応したテクノロジーを内包してはじめて実現可能だと考えます。

構造<耐震>

木造住宅の次世代技術『FG-Fシステム』

More

構造<減震>

摩擦方程式から生まれた減震ベース

More

構造<免震>

スーパージオ工法の免震保証

More

防耐火性能

火災に強い木造住宅・延焼を抑制する耐火性能

More

外壁通気工法

建物の耐久性を高める防劣化対策

More

遮音・防音性能

高い遮音性を実現
プライバシーと快適な暮らしを守る

More

空気環境

清潔で健康的な空気環境をつくります

More

温熱環境

夏は涼しく、冬は暖かく
適材適所の断熱対策

More

構造<耐震>

木造住宅の次世代技術『FG-Fシステム』

FG-F構造図 FG-F画像

FG-F法は「Future Generation = 将来の世代」を由来とします。
在来軸組工法に様々な「プラスα」を施した次世代技術により高い耐震性、耐久性を実現した工業化木造住宅FG工法の住まいがご家族の豊かな未来を育みます。

強い構造
1邸ごとに実施する構造計算

邸別ごとに構造強度を解析し、耐震性、耐風性に優れた安全・安心の設計をします。

強い柱
「高強度な構造材」×接合金物

CAD/CAM連動システムにより高精度な仕口と継手を実現し、接合金物により構造を強化。

強い床組
高耐震性・耐久性を実現する基礎

耐震性と耐久性を支える重要な基礎。土台には、建物と地震等の力を全面でバランスよく受け止めるベタ基礎で、耐腐朽性・防蟻性に優れた米ヒバを採用。

強い土台
水平方向の荷重に耐える剛床

1階床は105mmの大引と厚さ28mmの構造用合板、2階床は455mmピッチの床梁と厚さ15mmの構造用合板による骨太な構造で建物の変形を抑制。

構造<減震>

摩擦方程式から生まれた減震ベース

専門施設で実験実証 減震ベース1 減震ベース2

減震ベース[W(2段)ブレーキで減震]最大値914Galに対し423Galに減震

大型地震の揺れを半分程度にまで減震する絶縁工法

阪神・淡路大震災同等クラスの800gal(ガル)の大型地震を、300~400galにまで減震します。

摩擦減震ならではの安心と安全性能

倒壊の危険をまねく偏芯、バラバラ共振が起こりません。また、偏った補強による柱脚破壊などの心配もありません。

設置・施工も簡単スピーディな高い施工性能

設計変更、設備の変更も不要。役所への届出も施工も普通の基礎パッキンと同様に簡単で効果絶大です。

構造<免震>

地震に自信あり だから最大1億円の保証

スーパージオ工法の免震保証 スーパージオ工法とは スーパージオ工法の実証実験 キラーパルスを減衰

一般的な地震保険とスーパージオ工法の免震保証で二重の安心をお届けいたします。免震保証は地震による火災・津波被害に関しては保険対象外となりますので、一般地震保険にもご加入をお勧めします。

スーパージオ工法とは、建物の重量と同等の土を取り除き、かわりにスーパージオ材を敷き詰めて地盤を軽くし、建物の支持力を確保する置換工法です。
スーパージオ工法の実証実験の結果、最大値2329Galに対し、1545Galの減衰効果がありました。

防耐火性能

火災に強い木造住宅・延焼を抑制する耐火性能

防耐火性能_写真 耐火性グラフ

一般的に木は火に弱い素材と考えられていますが、加熱実験では、木は鉄やアルミよりも強度低下が遅いという結果が出ています。 木はある程度以上の厚みがあれば、いったん燃えると表面が焦げて炭化層を形成します。これによって内部まで火が進行せず、強度が低下しにくい性質とあいまって、万が一火災が発生しても燃え進むには時間がかかり、結果的に構造体も残りやすくなります。一方、鉄は火災時レベルの熱(800℃以上)を受けると急激に強度が低下、変形してしまいます。鉄は5分ほどでほとんど強度がなくなりますが、木材は15分経過しても60%の強度を保っていることがわかります。
防火性に配慮した内・外装材で家全体を覆い、地震による火災など、近隣からの延焼を防ぎます。室内で火災が発生した場合も、他の部屋への類焼をくい止め、消火活動開始までの時間を確保します。

外壁通気工法

「外壁通気工法」は建物の耐久性を高める工法です。

外壁通気 全体外壁通気 外壁通気工法_写真★

内部結露による木材の腐食やカビの発生を抑える「外壁通気工法」を採用しています。
木造建築物の耐久性を保つには木材を乾燥させる事が大切です。「外壁通気工法」は壁の中の水分を放出するために、透湿防水シートという水蒸気は通すが雨水は通さない素材を使用し壁の中を乾燥させ、建物の耐久性を飛躍的に高めます。
また、単純に壁の中を密閉してしまうのではなく、温度差や壁内の気圧の差を利用して空気の流れを作り、常に木材を乾燥させるような工法です。

遮音・防音性能

高い遮音性を実現し、ご家族のプライバシーと快適な暮らしを守ります。

遮音・防音

高い遮音性を実現し、ご家族のプライバシーと快適な暮らしを守ります。

音はわずかなすき間を狙って侵入したり、振動となって室内を駆けめぐったりします。オーガニックハウスでは高精度の施工技術で、高い遮音性を実現し、ご家族のプライバシーと快適な暮らしを守ります。
オーガニックハウスの外壁は、外壁材と石膏ボードの間に、100mm厚のグラスウールを挟んだ二重構造。外壁材と石膏ボードが低音域の騒音を遮り、グラスウールが中音域の音を吸収する設計で、優れた遮音性を実現。これは、幹線道路の騒音にあたる75dBが35dBカットでき、室内では人が静かだと感じる程度の40dBにまで低減されます。

空気環境

高性能フィルターにより、清潔で健康的な空気環境をつくります。

全体空気流れ

建物の高い気密性をベースとした計画換気システムです。特に「健康」面については「清浄」・「除湿」・「加温」の3つの機能が考えられており、上質な空気を住まいのすみずみまで行き渡らせ、夏場の不快な湿気をなくし、冬場のヒートショックの危険性を抑えるなど、一年を通じて健康的に暮らせる環境を実現します。また、高性能フィルターにより、清潔で健康的な空気環境をつくります。

温熱環境

「夏は涼しく、冬は暖かく」を基本に、適材適所の断熱対策をしっかり確保。

全体断熱材 ペアガラス

「夏は涼しく、冬は暖かく」という考え方を基本に、適材適所の断熱対策をしっかり行い、「改正エネルギー基準」(住宅性能表示制度の省エネルギー対策「等級4」相当)を標準仕様でクリアー。(※6地域の場合)

家中の温度ムラが小さくなるため、急激な温度差によるヒートショックから家族を守ります。また、窓にも高い断熱性能を確保。熱が逃げたり、入り込んだりする、窓の断熱にもこだわって室内を快適にします。

PROCESS オーガニックハウスの家づくり

住む人の夢をかたちに住む人の夢と希望をかたちにしていく、オーガニックハウスの住まいづくり。お客様とじっくり時間をかけ、納得のいくまで話し合いながら進めていくそのプロセスは、ご家族だけで創る世界に一つだけのストーリーです。

01
オーガニックハウスとの出会い
01
住まいについて語り合いましょう

家づくりが楽しくなるご提案をします。

02
資金計画についてのお伺い

自己資金やローンの心づもりをお聞かせください。より有利で安心できる計画をご提案致します。

03
オーガニックハウス独自の敷地環境調査

法的な敷地調査だけでなくオーガニックハウス独自の自然環境調査を実施します。今すぐ家を建てる方だけでなく、これから具体的に考えるという方にも無料で敷地環境調査をおこない将来の家づくりのお役立ちをしたいと思います。また、家の敷地の履歴や地盤を調査・報告し、必要であれば最適な地盤補強・改良をアドバイスします。

04
お好きなイメージをお聞かせください

お客様のために、より感動していただけるデザイン提案をするため具体的なご新居のイメージをお聞かせください。お客様のご要望や趣味なども併せてお伝え下さい。私たちもプロの立場からお客様の将来を見据えた的確なアドバイスをさせていただきます。

05
スターティングデザインのご提案

お客様のイメージをもとにゾーニングをして、スターティングデザインをします。

06
ベストデザインのご提案

スターティングデザインを元にご家族のみなさまと私たちで詳細に打ち合わせをし、造り付け家具など更に詳細な提案や仕様・仕上げを加えたデザインをプレゼンします。図面だけでは分かりにくい外観、内観などはパースにしてイメージしやすい形にしてご提案します。

07
打ち合わせ、見積りの確認

事前にご説明した仕様書、仕上げ表、図面などを詳細にご家族でご検討ください。すべてにご納得いただくまで、ご説明させていただきます。

08
ご契約

不明点や不満点すべてを解消しご納得いただいたうえで、ご契約に至ります。契約書、約款、工期、仕様の細部に至るまで確実にご理解いただいたうえでの調印となります。

09
全員で仕様決定

まだ決めていない室内、室外の色、デザインを決めていきます。また、家とつながる外構、造園計画までアドバイスいたします。資金計画などの再確認もします。終了後、確認申請書類を提出します。

10
工事に着手します

近隣へのご挨拶から始まり地鎮祭、地縄張り、基礎工事、上棟、造作工事、完成へと続く、お客様の夢が実現へとつながるプロセスです。

11
竣工検査

お引渡しの前に社内で綿密な竣工検査をした後、お客様立会いのもとに最終的な確認をします。

12
建物のお引渡し、ご入居

工事代金のご精算をした後、建物のお引渡しとなります。その際に鍵、保証書、設備の取扱説明書などをお渡しし、ご入居後のアフターメンテナンスの担当者とアフターサービスの内容をご説明します。後日オーガニックハウス本部からの「オーガニック認定書」をお渡しします。

アフターサービス
ご入居後のお付き合い

TOPへ戻る